データベースの利用について
・機械的に大量の情報をダウンロードすることは禁止されています。
・利用は本学教職員及び学生に限ります。

朝日新聞 聞蔵Ⅱビジュアル 

朝日新聞(1945年~)の記事検索ができるほか、週刊朝日(2000年4月~)、週刊AERA(1988年5月(創刊号)~)、知恵蔵(最新版)の記事が検索できます。

Westlaw Japan 
判例、法令データベースより「法令、判例、審決等、書籍・雑誌、文献情報、ニュース記事」など、あらゆる法律情報を検索できる日本法の総合オンラインサービスです.

日経BP記事検索サービス アカデミック版 

日経BP社が発行する専門誌の記事データベースです。


Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)

日本大百科事典(ニッポニカ)をはじめ、辞書、辞典類を中心に書籍、雑誌記事などを集約したデータベースです。


理科年表プレミアム 

国立天文台によって編纂された自然科学分野のデータベースです。


KOD(研究社・オンラインディクショナリー) 

スーパー大辞林(三省堂)、『リーダーズ英和辞典』をはじめ、多彩な辞書をインターネット上で検索できます。用途にあわせて「標準辞書セット」など辞書のセットや個別の辞書を指定して検索することもできます。


通産政策史資料オンライン版

通商産業政策史に関わる史料群の全文データベースです。以下、3種の史料群から構成されています。
○一次史料
国立公文書館つくば分館が所蔵する商工省・通商産業省が作成・蒐集した「一次史料」群。2012年に独立行政法人経済産業研究所から移管された商工省・通産省の政策史編纂に関わる資料群。
○正史
「商工政策史」、「商工行政史」、「通商産業政策史」などの商工商・通商産業省の正史類。
○関係編纂史料
通商産業調査会の産業政策史研究所、あるいは通商産業政策史研究所が編集・発行した資料群。
本学第2期(戦後編)第1部・第2回配本 A:一次史料「通商政策」「立地・環境・保安」「資源エネルギー」が利用できます。マニュアルはこちらからご覧ください。

Academic OneFile(Galeデータベース)

グループから刊行自然科学から人文・社会科学まで、幅広い分野の雑誌数万誌に掲載された論文や記事のほか、The TimesやThe Washington Post等の新聞・報告書・事典・ビデオを見ることができます。
Pub Medとは連携していません。マニュアルはこちらからご覧ください。

General OneFile(Galeデータベース)
Galeグループから刊行された一般雑誌や新聞を見ることができます。

Academic OneFile & General OneFile

両データベースを横断検索できます。


JCR  

Webプラットフォーム『ISI Web of Knowledge』を通して、雑誌の重要度・影響度を計る指標(Impact Factor : インパクトファクター)を提供するツールです。


医中誌WEB 

国内発行の、医学・歯学・薬学・看護学及び関連分野の定期刊行物、のべ約6,000誌から収録した約1,000万件の論文情報を検索することができます。


Scopus(スコーパス) 

世界5,000以上の出版社のジャーナルデータを収録したデータベースです。


最新看護索引(医学図書館のみ)

看護分野に特化した、国内雑誌の文献情報データベースです。
1987年以降の約812タイトルの文献情報が、件名(キーワード)や標題・著者名などから検索可能になっており、検索結果から医中誌Web、メディカルオンラインなどへもリンクされています。
*2012年3月より、「日本看護学会論文集」の42巻(2012年)以降の全文PDFが利用できるようになりました。


EBSCO (CINAHL, Cochrane, MEDLINE, Econlit etc.)

CINAHL検索例


UpToDate


OECD iLibrary

経済協力開発機構(OECD)が公表する出版物、ワーキングペーパー、統計を収録したオンラインデータベースです。


NDL-OPAC 
国立国会図書館が所蔵する図書・雑誌・新聞などを検索できます。国立国会図書館が収集した雑誌(1948年~)に掲載されている雑誌記事・論文について、記事のタイトル・著者名などから検索することもできます。

WebCat Plus 
どういう本があるか探すことができます。また、必要な図書を効率的に探すことができる「連想検索機能」もあります。探したい本が決まっているときは「一致検索」が便利です。一部、収録作品名がわかるものもあります。

■凡例
・アクセス方法に関するアイコン

学内LANに接続するPC・附属図書館内のPCからのみアクセスできます。

図書館員が代行して検索します。レファレンスカウンターまでお申し込みください。

インターネット上で公開しているフリー・データベースです。

・フルテキストに関するアイコン

本文の利用が可能なもの

一部の本文が閲覧可能なもの(本文を閲覧できるものと、本文を閲覧できないものがあります)

書誌情報のみ閲覧可能なもの